お題「もし1日だけ動物になれるとしたら、何になりますか?」

もし一日だけ書物になれるとしたら、パンフレット

 

この曲の歌詞がとても好きなんだ。 特に好きなフレーズは、「疲れた時には孤独になれ」の部分。 というか、この「疲れた時には孤独になれ」を聴きたくて再生した。

疲れた時には孤独になれ(クレッシェンド・デミネンド) - かくしごと(空色MIX)

 

11/16水 2:00 スポーツ報知で「【オリックス】西武からFAの森友哉が加入決断! 4年18億円以上の好条件で背番「4」16日にも正式発表」

11/16 2:30 スポーツ報知で「【オリックス】FA行使の近藤健介と初交渉 最長6年の長期契約提示…争奪戦制して森友哉とW獲りだ!」

11/16 14:18 にオリックス球団公式Twitterから森友哉選手との契約締結が発表

江藤慎一 伊豆・天城の野球チーム、ヤオハンジャパン硬式野球部

 1985年4月からは静岡県田方郡天城湯ヶ島町に日本野球体育学校(通称「江藤塾」)を設立し、合宿所は「百錬寮」と名付けられ、略 1986年からは「天城ベースボールクラブ」に改称し、略 1992年にはヤオハンと業務提携し、チーム名を「ヤオハンジャパン硬式野球部」に改称。

 

天城山隧道(旧天城トンネル)
川端康成の小説『伊豆の踊子』ゆかりのトンネルで、映画に何度も登場しています。 周囲は天城の原生林がいきずき、新緑・紅葉とも美しく、今も踊子の歩んだ道を歩いてみようとする人が絶えません。

 

半月ほど前にブックオフで買った三浦清宏『運命の謎 小島信夫と私』はまだ手を付けていない。川崎長太郎の『女のいる自画像』も途中で止まっている。関心があるうちに読まないとどんどん別の物に移って行く。何かに追い立てられるようにして読んでいる。同じ作家の本でも、どれから読むかの順番もよく考える。とりあえず『感触的昭和文壇史』を読み通すのが先か。通勤時間が一番集中して読めるのだが、電車が混んでいて読めないときもある

野口冨士男とか - War Is Over

ヤオハン 静岡県地盤のスーパーマーケット。
創業者は、NHKドラマ「おしん」のモデルとなったことで知られる。
1990年代にかけて、アジア地域を中心に海外展開を行うが、上海地区での合弁事業失敗、その後粉飾決算などの事実が発覚し、1997年に会社更生法適用を申請し事実上倒産。
その後、イオングループに入り社名をマックスバリュ東海に変更し、再上場を果たしている。

 

おしん』は、1983年(昭和58年)4月4日から1984年(昭和59年)3月31日まで放送されていたNHK連続テレビ小説第31作

 

 片岡が入学した1985年のPL学園はまさに絶頂期だった。3年生には甲子園のスターである桑田真澄清原和博がいた。

number.bunshun.jp

 最終目標をプロに置きつつも江藤は当時の九州社会人野球の雄、日鉄二瀬に就職することを望んだ。

 江藤が日鉄二瀬への入社を志望したのは、ただ強いチームというだけではなく、プロに行くための指導を仰ぎたい人物が監督をしていたというのが、最も大きな理由であった。指揮官の名は濃人渉(のうにん・わたる)。

 昭和31年、濃人は合宿所に入ったばかりの江藤に「お前は何を目的に二瀬にきたんじゃ」と問うてきた。

sportiva.shueisha.co.jp

 

ゆうさん04160929🦅🚚🏟⚾️🦅🔥 on Twitter: "飯塚のAEON穂波店でコーヒー豆を買いました☕😊 ここは旧日鉄二瀬炭鉱跡地に造られました。 2015年下半期のNHK朝ドラ「あさが来た」のヒロイン「あさちゃん」が買収した潤野炭鉱は日鉄二瀬炭鉱の前身になります🙇‍♂️ https://t.co/yffHmDtSgv" / Twitter

====

濃人渉
 江藤慎一
 権藤博
  加藤哲郎
  谷繁

11/15

火曜日 最近気になった本の列挙、

テリー伊藤『お笑いプロ野球殿堂 ダメ監督列伝』 (知恵の森文庫)
郡司ペギオ幸夫『かつてそのゲームの世界に住んでいたという記憶はどこから来るのか』
久世 光彦『早く昔になればいい 』(新潮文庫)
松本 清張『半生の記』(新潮文庫)

 

平井一麥『六十一歳の大学生、父野口冨士男の遺した一万枚の日記に挑む』

山本伊吾『夏彦の影法師―手帳50冊の置土産』

佐野眞一『枢密院議長の日記』2007.10←new

 

セブンイレブンのようさんと焼肉の話をしていた。。

 

ノンフィクション作家
木村元彦 1962
増田俊也 1965
田崎健太 1968

加藤弘士 1974
鈴木忠平 1977-
---
サッカー
小倉純二 1938
大住良之 1951
川端康雄 1955
陣野俊史 1961

1970年代のプロ野球について調べた

本編

 

おわりに

いかがでしたか?今日はここまで、1970年代の日本球界を振り返ってきたのですが、ところで、落合のプロ入りが1979年、どんでんが1980年、原さんが1981年なんですよね。