北米では長い間午後の昼寝が幼児、病気で療養中の人々、または純粋な怠惰に関連付けられている

レッサーパンダの赤ちゃん