読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Genesis - WE CAN’T DANCE

...イギリス・デッカ・レーベルから発売されたデビュー作、『From Genesis To Revolution』は、その発売された68年、わずかに649枚しか売れなかった。
2枚めの『トレスパス』もチャート・アクションまではいかなかったが、6000枚のセールスを上げ、72年の『フォックストロット』を発表後、73年初めにはイギリス国内をヘッドライナーとしてツアーが出来るほどになっていった。

 75年5月、フランスでのライブを最後に、ピーター・ガブリエルの脱退。2か月間の休暇の後、『ア・トリック・オブ・ザ・テイル』の制作開始・以後フィル・コリンズはドラマーとしてだけでなく、ジェネシスのリード・シンガーとなった。カリスマ的なガブリエルの脱退という大きな穴を埋めただけでなく、さらに大きな未来を築き上げていったのだ。スティーヴ・ハケットもチェスター・トンプソンも離れていき、3人が残った77年秋のレコーディング(発表は、78年春)、『そして3人が残った』は、「フォロー・ユー・フォロー・ミー」のヒットと共にイギリスで3位、アメリカで14位まで上昇、アメリカでは初のゴールド・ディスクを獲得するまでになった。そして黄金の80年代は、初の全英ナンバー・ワン・アルバムとなったアルバム、名作「ターン・イット・オン・アゲイン」が収められた『デューク』で幕を挙げる。

 『インヴィジブル・タッチ』の大成功の後、ジェネシスがどこに行くのか? フィル・コリンズのソロ、マイク&ザ・メカニックス、バンクステートメントなどのソロ・ワークは、どんな影響を及ぼすのか?...

...プロデュースは、ヒュー・パジャムと離れ、トニーバンクスのソロ、マイク&ザ・メカニックス、マリリオンなどのプロデュース、ミキシング・エンジニアであるニック・デイヴィスとの共同プロデュースになり、レコーディングは91年の春から一気に仕上げられたという。そして92年春からは、待望のワールド・ツアーがスタートする予定だ。

(1991.10/大森庸雄-Tsuneo O'mori/Aquarius)

BGMは、Scritti Politti - Provision (1988)

2000年代のエレファントカシマシについて調べよう

「クレッシェンド・デミネンド」をYouTubeで聞く。コメント欄をみると、「エレカシで一番好きな曲です」「エレカシが伝えたい主題を一番表している曲」「このころは病的なのがかっこよかった」とあります。私がエレカシの曲で一番好きなのはなんだろう、日によって変わる気もするけど今は「クレッシェンド・デミネンド」かな? 初めて聞いたアルバムが「ライフ」で、そこに入ってる曲は好きです。一曲目の「部屋」が流れて、宮本さんの声はすごく繊細だなと思いました。私がまだ小学生のころだったでしょうか。それがエレカシの曲とは意識せずに聞いていましたね。(それからしばらくして、中学卒業間際の春休みのころでしょうか、そのときに『starting over』というアルバムを今度はバンド名を意識して聞きました)

「伝えたい主題」が歌詞に込められるものとして、私もこの曲(クレッシェンド・デミネンド)の歌詞にはハッとさせられました。「疲れたときには孤独になれ」っていい言葉だと思いました。「孤独になれ」って言ってくれる人はあまりいません 他にも「でも好きなんだろう? 生きてることがよ」とか、「大切なものは胸の奥のやさしさ」とかって良いこと言うな〜っておもいます。「好むと好まざるにかかわらず」という言い回しは「so many people」にもありますよね、(2017年2月リリースのASKAの新譜タイトルは「too many people」)

5,6年前に是枝裕和監督の『扉の向こう』というエレカシに密着したドキュメントを親戚と見ました。これはエレカシがアルバム『扉』を制作する過程を撮影した映像で、宮本さんが自宅でスパゲティにゆで卵をのせて食べるシーンというか、ノンフィクションだからカットと言ったほうがいい気がしますが、そういうカットがあって、そこで、明るい昼の部屋の中で、宮本さんが淹れたお茶の湯気がたっているのが見えて、冬のきれいで瑞々しい空気が画面にうつっています。『扉』がリリースされたのが、2004年3月で、『扉の向こう』のなかの何気ない一場面だけれども、画面越しの宮本さんの部屋の空気の見え方がその時期の東京の空気感を切りとってるようにも思えました。ノスタルジックな感情が喚起せられます

数年前にテレビで国鉄最後の日の映像を見たときにも、夜の駅のホームをスーツを着た会社員が二人歩いて行く後ろ姿がカメラにとらえられていて、ノスタルジックな気持ちになったものでした。国鉄が終わったのは1987年3月31日だそうです

以上、ここまで書いて、梶井基次郎の『檸檬』のなかの「それをそのままにしておいて私は、なに喰わぬ顔をして外へ出る」という文を思い出しました。なんででしょう・・

話を戻すと、『扉の向こう』にうつってるのは2004年3月の(レコーディングを追ったものだから正確には2月とか1月とか、もう少し前からですね)空気で、その澄んだ空気は、そのままその時期のエレカシがまとっていたムードとも同調してる様に思え、私はその空気に惹かれます。YouTubeのコメント欄にはそれが「病的」と書いてる人もいますが、、

「部屋」が入ってるアルバム『ライフ』は2002年5月発売、「クレッシェンド・デミネンド」が入ってる『Dead or Alive』は同じ年の12月に発売された。『starting over』は2008年の1月リリース。「so many people」が入ってる『good morning』は2000年4月発売です。

高校でできた友人にエレカシが好きな人がいて、その人にファースト(1988年3月)、『浮世の夢』(1989年8月)、『生活』(1990年9月)、『エレファントカシマシ5』(1992年4月)、『奴隷天国』(1993年5月)、『東京の空』(1994年5月)『good morning』(2000年4月)、『俺の道』(2003年)、『扉』(2004年3月)、『風』(2004年9月)を借りて聞きました(たくさん貸してくれました)。セカンド(1988年11月)と『ココロに花を』(1996年8月)は店で借りて聞いて、『愛と夢』(1998年12月)は買いました。

それと高校を卒業する前の春休みに『エレファントカシマシ singles 1988-2001』(2002年3月)という、エレカシはこれまで6つのベスト盤を出してて(2017年2月現在)、来月7枚目のベスト盤が出るみたいなのですが、3つ目のベスト盤をよく聞いてて、「曙光」が好きでした。好きというか、その春休みからしばらく(1年くらい)たって、「あの曲はなんだろう?」と思って、聞きたくなったことがありました

かなりとりとめの無い文になってきました

『愛と夢』と『good morning』の間、『風』と『starting over』の間には、断層があると思うけれども、2006年3月リリースの『町を見下ろす丘』は未聴なので、2つ目の断層が、『風』と『町を見下ろす丘』の間にあるのか、『町を見下ろす丘』と『starting over』の間にあるのかがわからないですね。『町を見下ろす丘』を聞くところからはじめてみようかなとおもいました。すると、その断層はどんなものなのか? ・・・

それでもやはり、まとまりが無くなってきたように思うので、下に、エレファントカシマシ公式HPのbiographyから1999年末から2011年までの年表をつくってみます


                                                                                                                                                                                                                                                • -


1981年エレファントカシマシ結成。



99年12月 東芝EMI移籍第1弾シングル「ガストロンジャー」

00年4月 約1年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『good morning』
00年9月 戦闘的ともいえる『good morning』とはあまりにも対照的な、エレカシの繊細かつ叙情的な楽曲を集めた初のセレクション・アルバム『sweet memory〜エレカシ青春セレクション〜』

01年7月 小林武史をプロデューサーに迎え、シングル「暑中見舞-憂鬱な午後-」

02年5月 アルバム『ライフ』
12月にコンプリートライブDVD「Life TOUR 2002」とエレカシ史上初となるミニ・アルバム『DEAD OR ALIVE

03年6月 シングル3作品同時発売
7月16日 完全セルフ・プロデュースによる通算14作目のアルバム『俺の道』リリース

04年1月13日 約14年振りに新宿コマ劇場のステージに立つ
3月31日 アルバム「扉」リリース
9月 「扉」完成直後に制作開始したシングル「友達がいるのさ」、アルバム「風」を発売
「扉」の制作過程を追ったドキュメンタリーフィルム「扉の向こう」(東・名・阪の3大都市での劇場公開でも話題となった/是枝裕和
プロデュース作品)のDVDを発売
11月から12月にかけて、"平成理想主義の旅"の全国ツアー

05年 バンド史上初のライブCD「日本 夏」「野音 秋」(期間限定販売)を発売
すまねえ魂ツアーを行なう

06年3月29日 約7年振りに佐久間正英氏をサウンドプロデューサーに迎え、17作目のアルバム「町を見下ろす丘」をリリース
全国コンサートツアー“今をかきならせ” (全11公演/5月〜7月)

07年5月12日 デビュー20周年記念特別公演“俺たちの明日”大阪城野外音楽堂
5月26日 "俺たちの明日"日比谷野外音楽堂でのライブを行なった。イベント/フェスティバルに出演し意欲的な活動の中で、新曲作りも平行して行う。
11月 ユニバーサルミュージック(SIGMA)より待望の移籍第1弾シングル「俺たちの明日」をリリース

08年1月1日 第2弾シングル「笑顔の未来へ」をリリース
1月30日 渾身の18thアルバム「STARTING OVER」
3月 シングル「桜の花、舞い上がる道を」
4月 全国ツアー
数々のロックフェス出演
10月1日 待望のニューシングル「新しい季節へキミと」
年内最後の単独ライブJCBホール2days

09年3月 シングル「絆(きづな)」
4月29日 19thアルバム「昇れる太陽」
4月11日 「桜の花舞い上がる武道館」と銘打たれた約8年振りの日本武道館単独公演(即日SOLD OUT)
5月〜6月 約1年振りの全国ツアー“昇れる太陽”
バンド史上最多の夏フェス出演を果たす
9月にはゲストバンドを招いての自主企画イベント「太陽と月の下の往来」を大阪城野音で開催
SONYPONY CANYON/EMI各レーベルより自選作品集3タイトルと「桜の花舞い上がる武道館」のライブDVDを同時リリース
10月24日、25日 日比谷野音での単独公演(20年連続)

10年3月17日 この日比谷野外音楽堂2日間の模様を収録したライブDVDをリリース
5月 「幸せよ、この指にとまれ」をリリース
数々のロックフェス出演
日比谷、大阪城野音単独公演
9月 ニューシングル「明日への記憶」
10月 「いつか見た夢を/彼女は買い物の帰り道」
11月17日 通算20枚目のオリジナル・アルバム「悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜」
11月〜 約1年半振りの全国ツアー「ZEPP TOUR 2010」をスタートさせ、年内を駆け抜ける
2011年1月9日 日本武道館公演新春公演
4月〜6月 アルバムタイトルを冠した、全国25会場27公演のCONCERT TOUR 2011「悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜」を敢行
夏フェス出演
9月17日 毎年恒例の日比谷野音公演
10月1日 大阪城野音公演開催
11月16日 「ワインディングロード/東京からまんまで宇宙」リリース
同日に歴戦のフェスとイベントのライブ映像を網羅したDVD「ROCK'N ROLL BAND FES & EVENT LIVE HISTORY 1988-2011」を発売
年末のフェス出演



                                                                                                                                                                                                                                                                    • -


2017年2月23日 エレファントカシマシ公式HPのbiographyをもとにして、1999年末から2011年までの年表をつくる。梶井基次郎檸檬』が発表されたのは、1925年(大正14年)の『青空』1月号だそうだ
24日 Jerry Paperの『Fuzzy Logic』(2013年)、『International Man of Misery』(2013年)、『Vol.1』(2012年)、エレカシの『愛と夢』(1998年12月)を順番に聞いた。エリカ・バドゥの1997年作アルバム『バドゥイズム』を聞きたい。Homeshakeも。友達の部屋にHomeshakeのCDケースがあって、中を見ると、マックデマルコのCDが入ってたことがあった。いや、中身は空だったか、
Mockyを初めて聞いた日だった。サン・ラの『Cosmic Tones for Mental Therapy/ Art Forms of Dimensions Tomorrow』を久しぶりに聞き返した。アリアナ・グランデマライア・キャリー、マドンナ、ビヨンセを聞きたい

くるり - TEAM ROCK (2001)

(1)
上尾で落雷を聞いた/夏に会う友達は陽気だった/Macが心強かった/京都で仲良かった友達が全員東京に出てきた/もう1本ベースが欲しくなった/スタジオに鍵を忘れタクシーで取りに行った/仙台で泥酔しレコード会社の人に東芝に移籍すると言ったらしいが覚えていない/好きなバンドが増えて嫌いなバンドも増えた/川奈の露天風呂で虫の声を聞いた/ニューシネマパラダイスを見て号泣した/サッカーオリンピック代表の中田がPKを外した/昨年の夏は生まれて初めて海に入らなかった/夕方の砂浜がさみしかった/富士の裾野でアートリンゼイと遊んだ/岡崎京子の漫画を全てそろえた/夏の夜のバイクは気持ちがいい/水戸納豆をおばちゃんにあげた/生命保険に入ってしまった/ウッドベースの良さをまた見直した/ロンドンに行った/引っ越しをした/初めてFUJIROCKに行けなかった/アートリンゼイとおそろいのGパンだった/スネアのポジションを上げてみた/たまに東京っぽいイントネーションでしゃべることがある/代々木体育館はでかかった/サマーソニックでのLIVEは風邪を引いて最悪だった/新大久保でホモにナンパされた/ドラクエⅢをクリアした/関西風うどん屋に通った/スタジオに向かう六本木の町並みにはどうもなじめない/中村一義君とねぎま鍋を食いに行く約束をしている/新しい自転車を買った/夢を良く見るようになった/アンプのレンタル代は高くつく/カレー観が変わった/シャカゾンビ・ツッチーのリミックスに感激した/結局世田谷線は全車新型に/六本木にも落ち着いたスペースがあった/上尾で食べたざるうどんがうまかった/しばらく「ファンデリア」を聴いていない/エンケンさんとのライブは刺激的/部分と全体のバランスが大事だと知った/なぜか秋に太りだした/歯が悪くなり歯医者に通っている/カレーうどんにかまぼこはアリだ/箱根は硫黄の香りがした/山中湖でジョギングして富士山を拝んだ/ひたちなかで海水浴をした/大人数の前でのライブも気持ちいい/TVの歌番組には出ないと思う/胸毛が生えた/毎日ビールから焼酎に変えた/引っ越しして三日目にいきなりゴキブリに遭遇した/カラオケでB'zを歌った/車の免許を取りそびれた/京王線に乗ってる女の子はかわいい/温泉じゃない露天風呂も良いものだ/三人でワンダーフォーゲルのビデオを撮った/秋のツアーは今までで1番楽しかった/右目の方が大きいことが分かった/ライブが好きになってきた/ワンゲルのビデオはハンディカムで撮った/北海道で初雪を見た/関東私鉄では京急が一番好きだ/いわきで久々に満点の星空を見た/沖縄に行ってみたい/ワンダーフォーゲルは人気があると実感/いわきの海でビデオを撮った/太郎さんの作った豚汁最高だった/冬はマフラーを絶対巻いている/自分達でやってるラジオ番組は楽しい/J・マスシスに会えるので楽しみだ/黒いスーツはピリッと気が引きしまる/いわきで見た朝焼けが美しかった/青山墓地で猫にのど飴をやった/リッターバイクに乗った時はうれしかった/新しく買ったくつが小さすぎた/レコーディングをしている横にレースクイーンがいた/モックンは太ったがお洒落になった/田舎に住みたいと思った/マフラーを変えて幸せだった/油ギッシュラーメンで腹をこわした/畑山がボクシングで二階級制覇を成し遂げた/自分のサインをけなされた/踏み切りでおばあちゃんを助けた/大学生より自分の方が若いと思った/仕上がっていく曲にワクワクした/サトちゃんの家はきれいだった/リッチーホーティンは最高だ/意識と無意識の狭間を楽しんだ/アンダーワールドは3人のほうが良い/時間が無くて徹夜が続いた/SMAPが好きになった/毎日焼酎をテキーラに変えた/冷蔵庫は意外と軽かった/マリファナの絵が入ったライターだけは無くさない/やっぱり金持ちが文化をつくっていくのだろうか/今までで一番おいしい仕出し弁当を食べた/じいちゃんが亡くなった/高山さんは実は二児のパパだった/家にサラウンドシステムが欲しくなった/トム・ヨークが前のアルバムをほめてくれたらしい/前の庭の霜柱の感触がいい/今年の初雪は北海道で見た/アルバムを作るのは本当に大変だと思った/人を愛するには気迫が必要だ/雑誌の表紙をかざれて嬉しい/ダンスは人間の発明した快楽だ/イメクラでついてもらった子が伊藤つかさ似だった/石原慎太郎は嫌いじゃない/なぜだかわからないがテクノに夢中/猫の交尾の声がうるさい/国は税金を有効に使え/小沢健二は最高だ/神戸は鳥取地震後の対応を見習うべきだ/寒くなって恋をしたくなったがやめた/サニーデイ・サービスの解散が残念です/出来あがったアルバムをすぐ友達に聴かせた/オカンの誕生日にばらの花を齢の数送った/ミュージシャンでは大人になれないと思った/人を裏切った/ヨックモックの菓子が好きだ/音楽で泣けるのは素晴らしいことだ

(2)
騎士道が最も開花した時代は、12〜13世紀のシュタウフェン朝ドイツ。
騎士身分を獲得するための条件は勇敢さと誠実さ、忠誠心、隣人愛。
そして、貴族の男子はすべからく騎士であることを求められた。

砂糖は肥満の原因とはならない。
糖分に限らず、エネルギー源を必要以上に摂取することは脂肪蓄積につながる。
例えばスプーン2杯分の砂糖なら24カロリー。
8分の歩行で消費することができる。

森林は、特に熱帯地域の開発途上国を中心に減少を続けており、1980年から1990年にかけて、10年間で1億5400万ヘクタールの熱帯森林が消失した。
これは東京ドームの約3300万倍にあたる。

CHRIS COCHRANE - BATH (1995)

NYCゲイ・アンダーグラウンド・ミュージック最新版!
「ノー・セイフティ」のギタリスト、クリス・コクランが'90年代の"トラウト・マスク・レプリカ"を目論む、ちょっとサイケでとってもロウ・テクなデビュー・ソロ。
ボブ・オステルタグに続くゲイ・レスビアン・ミュージック・シリーズ第2弾!

演奏 クリス・コクラン(g, vo, etc)
アン・ルポー(b)
ハンナ・フォックス(ds)
ダドリー・ソーンダース(vo)
ジーナ・パーキンス(tambourine, per)
マーク・アンソニー(tambourine, per)

録音 1993, 94年(ニューヨーク)

CARIBOU - Swim (2010)


(1)- a
(着実に支持を拡大し続けた)カリブーの「サイケデリックエレクトロニカ」期の頂点が、2009年9月のニューヨークでのATPだった。
「何か特別なことをやって欲しい」とフレーミング・リップスに乞われたダン・スナイスは、なんと15人編成の大所帯バンドでこのインディー音楽の祭典に参加。

サン・ラ・アーケストラの元バンドリーダー: マーシャル・アレンを迎えた5人のホーン・セクション、
フォー・テットことキエラン・ヘブデン、
ジュニア・ボーイズのジェレミー・グリーンスパン
コーシック、
ボーン・ラフィアンズのルーク・ラロンドと、

ファン騒然の豪華なメンバーを取りそろえた。

さらに、過去にカリブーと共演したドラマー4名、
ゴング、
シンセ、
木管セクションを加えた全15名のライヴは、カリブー史上最高のパフォーマンスと大絶賛された。

(2)
例えば、カナダの「マーキュリー・ブライズ」に当たる、「ポラリス・ミュージック・プライズ」。
2008年の同賞は、かのブラック・マウンテンやホーリー・ファックを抑えて、カリブーが受賞した。
こうした賞賛を経て、ダンは宅録だったそれまでのプロダクションを次のレベルに引き上げることを決心するに至った。

(3)
本作の「Jamelia」にはボーン・ラフィアンズのルーク・ラロンドがヴォーカルで参加。
ミキシングには、ジュリアン・コープの「ブラック・シープ」バンドで知られるデヴィッド・レンチが担当(彼は暗黒メタル16〜18世紀風の曲を作るソロ・アーティストとしても知られた存在だ)。
レコーディングは、ウェールズのブレン・ダーウェン・スタジオと、ジュリア・ボーイズの出身地、オンタリオ州ハミルトンにあるジェレミー・グリーンスパンのピスタチオ・スタジオで行われた。
そうして、音響ファンを唸らせる深みとパノラミックなサウンドスケープを実現させた。
カリブーのこれまでの作品『Andorra』や『Up in Flames』の、どちらかと言えば粗雑なサウンドとは180度異なる音作りに、これまでのファンはかなり驚かされるだろう。

(4)
「Found Out」のジョン・カーペンターの映画のように恐ろしいダンのキラー・ギターも忘れてはならないポイントだ。

(5)
ドロシー・アシュビーのアフロ・ジャズ・ハープを思わせる幻想的なグルーヴがたまらない。

(1)- b
カリブーとしてミュージシャン的に贅の限りをつくしたとも言えるATPで、
ダンはトロント出身のフリー・ジャズ・プレイヤー:
コリン・フィッシャー(テナーサックス)、
カイル・ブレンダーズ(ベースクラリネット、ソプラノサックス)、
ロブ・ピーロネン(フルート)、
スティーヴ・ウォード(トロンボーン) に出会う。

ATP終了後、すぐさまトロントに向かい、彼らのパートをレコーディングしたという。

受信できなかった本文

WC1Hb29nbGUtREtJTS1TaWduYXR1cmU6IHY9MTsgYT1yc2Etc2hhMjU2OyBjPXJlbGF4ZWQvcmVs   1
YXhlZDsNCiAgICAgICAgZD0xZTEwMC5uZXQ7IHM9MjAxNjEwMjU7DQogICAgICAgIGg9eC1nbS1t
ZXNzYWdlLXN0YXRlOmRlbGl2ZXJlZC10bzptZXNzYWdlLWlkOmRraW0tc2lnbmF0dXJlOmZyb206
dG8NCiAgICAgICAgIDpzdWJqZWN0OmRhdGU6bWltZS12ZXJzaW9uOnJlcGx5LXRvOmVycm9ycy10
bzsNCiAgICAgICAgYmg9S1NETUlUNWpGOFhoU3ozdmtpSXczeFlhSlFHYjZmaGMvWVh3MGlPRGpk   5 
OD07DQogICAgICAgIGI9Zk1VWTBpbVcwZDUwNWtSQ1RtUGEwUkxwUTJzS3JPN2NFV1AwS3MvdEVa
TUJoTkt2OWdQZWgwVGgxR2hwMDZDMkkvDQogICAgICAgICBXNnkycCtvMnFyUHFJWGNNQ2VPelhk
R2ZTdUJKL1AwYVcwdEJkRHVLQjEyRXFaNHQ1TnhpSEN3Y2Zxc012Tkw3TjBBSQ0KICAgICAgICAg
ZzNTdkdKamUzRVk3UnBQZkNSQU1qR21CaXRMYWwvdUVPS3paMCtZNytPZmR1MktYcTM1bGJ1ajNk
TlRJZ0MrQ3Z2RDINCiAgICAgICAgIFdRM1IrS0dtOHNlNU9iczhGTlppcFV1REVIb1VZVUNuWXN6   10
TkMyVlZuL2JnWGp4SjVNc3RuaDRBZHQxUWRZVWZ4dkF4DQogICAgICAgICBqUkZmK21iMGhBYUJS
Y3RINHUyZmo1TzRocUlaKzhUSmhoK0xxT3JBVFdDQWsxMzVaNTZTNTAwQXRSSys5Z1ovWUN5dw0K
ICAgICAgICAgMXNwQT09DQpYLUdtLU1lc3NhZ2UtU3RhdGU6IEFJa1ZEWEtaL09vQlV0UGtZcVlz
bENMY0svYmNwWXFiQmlpeDA2SUpvUGtydkh3ZU1tY2dOQURQdVkwRExkUU0yNDcrTzcyalR3MDQw
NmhDOGVPR3ltM3Y2bVFCVVlVPQ0KWC1SZWNlaXZlZDogYnkgMTAuMTMuMjAzLjEzNSB3aXRoIFNN   15
VFAgaWQgbjEyOW1yNTAwMDAweXdkLjIyMC4xNDg1NDAyMjk3OTMzOw0KICAgICAgICBXZWQsIDI1
IEphbiAyMDE3IDE5OjQ0OjU3IC0wODAwIChQU1QpDQpYLUZvcndhcmRlZC1Ubzoga2FiMTk5MzAx
MjJAc29mdGJhbmsubmUuanANClgtRm9yd2FyZGVkLUZvcjogbWRydXNhLm5ha2F0YUBnbWFpbC5j
b20ga2FiMTk5MzAxMjJAc29mdGJhbmsubmUuanANCkRlbGl2ZXJlZC1UbzogbWRydXNhLm5ha2F0
YUBnbWFpbC5jb20NClJlY2VpdmVkOiBieSAxMC4zNy4xNzIuMTYwIHdpdGggU01UUCBpZCB4MzJj   20
c3AyNTYzNjk4eWJpOw0KICAgICAgICBXZWQsIDI1IEphbiAyMDE3IDE5OjQ0OjU2IC0wODAwIChQ
U1QpDQpYLVJlY2VpdmVkOiBieSAxMC44NC4xNDEuMTY0IHdpdGggU01UUCBpZCAzM21yMTEzMDQ1
MHBsdi44Ni4xNDg1NDAyMjk2MTg2Ow0KICAgICAgICBXZWQsIDI1IEphbiAyMDE3IDE5OjQ0OjU2
IC0wODAwIChQU1QpDQpSZXR1cm4tUGF0aDogPDIxLTYxMTYwLTQ4OTYzLTAtMS0xNTExNzI0LTEt
Z21haWxfY29tQG14NC5uaWtrZWkuY29tPg0KUmVjZWl2ZWQ6IGZyb20gbXg0Lm5pa2tlaS5jby5q   25
cCAobmttbDFzbXNkNDQ2Lm5pa2tlaS5jby5qcC4gWzEzOC4xMDEuMTAwLjEyN10pDQogICAgICAg
IGJ5IG14Lmdvb2dsZS5jb20gd2l0aCBTTVRQIGlkIGI2c2kyMzA3NDhwZmguMjQxLjIwMTcuMDEu
MjUuMTkuNDQuNTUNCiAgICAgICAgZm9yIDxtZHJ1c2EubmFrYXRhQGdtYWlsLmNvbT47DQogICAg
ICAgIFdlZCwgMjUgSmFuIDIwMTcgMTk6NDQ6NTYgLTA4MDAgKFBTVCkNClJlY2VpdmVkLVNQRjog
cGFzcyAoZ29vZ2xlLmNvbTogZG9tYWluIG9mIDIxLTYxMTYwLTQ4OTYzLTAtMS0xNTExNzI0LTEt   30
Z21haWxfY29tQG14NC5uaWtrZWkuY29tIGRlc2lnbmF0ZXMgMTM4LjEwMS4xMDAuMTI3IGFzIHBl
cm1pdHRlZCBzZW5kZXIpIGNsaWVudC1pcD0xMzguMTAxLjEwMC4xMjc7DQpBdXRoZW50aWNhdGlv
bi1SZXN1bHRzOiBteC5nb29nbGUuY29tOw0KICAgICAgIGRraW09cGFzcyBoZWFkZXIuaT1AbXgu
bmlra2VpLmNvbTsNCiAgICAgICBzcGY9cGFzcyAoZ29vZ2xlLmNvbTogZG9tYWluIG9mIDIxLTYx
MTYwLTQ4OTYzLTAtMS0xNTExNzI0LTEtZ21haWxfY29tQG14NC5uaWtrZWkuY29tIGRlc2lnbmF0   35
ZXMgMTM4LjEwMS4xMDAuMTI3IGFzIHBlcm1pdHRlZCBzZW5kZXIpIHNtdHAubWFpbGZyb209MjEt
NjExNjAtNDg5NjMtMC0xLTE1MTE3MjQtMS1nbWFpbF9jb21AbXg0Lm5pa2tlaS5jb20NCk1lc3Nh
Z2UtSUQ6IDxDX01fTV9JX0QuMjFfMV82MTE2MF8wXzAuMTUxMTcyNC4xNDg1NDAyMjk1QG14NC5u
aWtrZWkuY29tPg0KUmV0dXJuLVBhdGg6IDwyMS02MTE2MC00ODk2My0wLTEtMTUxMTcyNC0xLWdt
YWlsX2NvbUBteDQubmlra2VpLmNvbT4NCkRLSU0tU2lnbmF0dXJlOiB2PTE7IGE9cnNhLXNoYTI1   40
NjsgYz1yZWxheGVkL3JlbGF4ZWQ7IGQ9bXgubmlra2VpLmNvbTsNCglzPW14Lm5pa2tlaS5jb20u
MjAxNjExMjk7IHQ9MTQ4NTQwMjI4OTsNCgliaD1LU0RNSVQ1akY4WGhTejN2a2lJdzN4WWFKUUdi
NmZoYy9ZWHcwaU9EamQ4PTsNCgloPUZyb206VG86U3ViamVjdDpEYXRlOk1JTUUtVmVyc2lvbjpY
LU1haWxlcjpDb250ZW50LVR5cGU7DQoJYj1Nek9icWlGNTRpd1RaRWZMajRkVm15NG1xN2JVcWNn
MXR4cllscVJOT0Z3a0tyV29haXo4YldxTDFIbjZUQTRtdg0KCSBlU2NZWWhtYVZBdTQ5RVIrblA3   45
VSsvOXIwTkdFRVZoa3FiNmI0aHg1Wk10TUxaTm93dmlGbFJUd1E3WTZCYnp2QnMNCgkgR2VZWjV0
MGR0dGtxaVJ1K1NIZE5IdFYwRXo4UXIvaitwc2VLVjV2Yz0NCkZyb206ID0/SVNPLTIwMjItSlA/
Qj9HeVJDUm53M1VDVkxKV1VoUENVNUpXRWhQQ1ZyR3loQz89IDxuaWtrZWktbmV3c0BteC5uaWtr
ZWkuY29tPg0KVG86IDxtZHJ1c2EubmFrYXRhQGdtYWlsLmNvbT4NClN1YmplY3Q6ID0/SVNPLTIw
MjItSlA/Qj9HeVJDSldFbExTVTNKVE5DWjBWOVRrNGhJa3NzU2taRFpqdGZKSEk0SVVZa0lTRktT   50
VGQ2R3loQz89DQoJPT9JU08tMjAyMi1KUD9CP0d5UkNRRjhrVGtKblJYMU9UazVoSkVjYktFST0/
PQ0KRGF0ZTogVGh1LCAyNiBKYW4gMjAxNyAxMjo0NDo0OSArMDkwMA0KTUlNRS1WZXJzaW9uOiAx
LjANClJlcGx5LVRvOiA8bmlra2VpLW5ld3NAbXgubmlra2VpLmNvbT4NCkVycm9ycy1UbzogPG5p
a2tlaS1uZXdzQG14Lm5pa2tlaS5jb20+DQpDb250ZW50LVR5cGU6IG11bHRpcGFydC9hbHRlcm5h
dGl2ZTsNCglib3VuZGFyeT0iSU1CXzYxMTYwXzE1MTE3MjRfMV9nbWFpbC5jb21fODM4MzEiDQpY   55
LU1haWxlcjogQ2xpY2tNQGlsZXINCg0K5pel57WM44OL44Ol44O844K544Oh44O844Or44CAMS8y
NiAg5pi854mIDQrjgIBodHRwOi8vd3d3Lm5pa2tlaS5jb20vDQoNCuKUgeOAgOS4u+imgeODi+OD
peODvOOCueOAgOKUgeKUgeKUgeKUgeKUgeKUgeKUgQ0K4peG44Oh44Kt44K344Kz5aSn57Wx6aCY
44CB6Kiq57Gz5Lit5q2i44KS5qSc6KiO44CA5aOB5bu66Kit44Gu5aSn57Wx6aCY5Luk44GnDQoN
CuOAgOOAkOODoeOCreOCt+OCs+OCt+ODhuOCo++8neS4uOWxseS/ruS4gOOAkeODoeOCreOCt+OC   60
s+OBruODmuODi+ODo+ODi+OCqOODiOWkp+e1semgmOOBjOioquexs+S4reatouOCkuaknOiojuOB
l+OBpuOBhOOCi+OBk+OBqOOBjDI15pel44CB5YiG44GL44Gj44Gf44CC77yh77yw6YCa5L+h44GM
5ZCM5Zu95pS/5bqc6auY5a6Y44Gu6Kmx44Go44GX44Gm5Lyd44GI44Gf44CCMzHml6Xjgavjg6/j
grfjg7Pjg4jjg7Pjgafjg4jjg6njg7Pjg5fnsbPlpKfntbHpoJjjgajkvJroq4fjgZnjgovkuojl
rprjgaDjgYzjgIHjg4jjg6njg7Pjg5fmsI/jgYzjg6Hjgq3jgrfjgrPjgajjga7lm73looPmsr/j   65
gYTjga7jgIzlo4HjgI3lu7roqK3jgavplqLjgZnjgovlpKfntbHpoJjku6TjgavnvbLlkI3jgZfj  
gZ/jgZPjgajjgpLlj5fjgZHjgIHph47lhZrjgpLkuK3lv4PjgavkvJroq4fjgbjjga7lj43nmbrj
gYzlvLfjgb7jgaPjgabjgYTjgovjgZPjgajjgpLlj5fjgZHjgZ/jgajjgb/jgonjgozjgovjgIIN
CiBodHRwOi8vbXg0Lm5pa2tlaS5jb20vPzRfLS1fNjExNjBfLS1fMTUxMTcyNF8tLV82MA0KDQri
l4bvvK7vvLnmoKrvvJLkuIfjg4njg6vjgIDjg43jg4Pjg4jlj7DpoK3jgarjgannsbPntYzmuIjj   70
ga7ku6PorJ3mmKDjgZnvvIjmnInmlpnkvJrlk6HpmZDlrprvvIkNCiBodHRwOi8vbXg0Lm5pa2tl
aS5jb20vPzRfLS1fNjExNjBfLS1fMTUxMTcyNF8tLV82MQ0K4peG5p2x6Iqd44Go44Gu5ZCI5byB
44CM5oiR44CF44Gu5Yip55uK5a6I44KL44CN44CA44Km44Ko44K544K/44Oz44OH44K444K/44Or
77yj77yl77yvDQogaHR0cDovL214NC5uaWtrZWkuY29tLz80Xy0tXzYxMTYwXy0tXzE1MTE3MjRf
LS1fNjINCuKXhuaXpeexs+mmluiEs+S8muirh+OAgeadpeaciDEw5pel44KS5omT6Ki644CA6L+R   75
44GP6Zu76Kmx5Y2U6K2w77yI5pyJ5paZ5Lya5ZOh6ZmQ5a6a77yJDQogaHR0cDovL214NC5uaWtr
ZWkuY29tLz80Xy0tXzYxMTYwXy0tXzE1MTE3MjRfLS1fNjMNCuKXhuacrOW9k+OBr+mBuOiAg+OB
quOBru+8n+OAjO+8keaXpeOCpOODs+OCv+ODvOODs+OAjeWwsea0u+eUn+OBjOauuuWIsA0KIGh0
dHA6Ly9teDQubmlra2VpLmNvbS8/NF8tLV82MTE2MF8tLV8xNTExNzI0Xy0tXzY0DQril4bml6Xn
tYzlubPlnYfntprkvLjjgIDljYjliY3ntYLlgKQyNzXlhobpq5jjga7vvJHkuIc5MzMy5YaGDQog   80
aHR0cDovL214NC5uaWtrZWkuY29tLz80Xy0tXzYxMTYwXy0tXzE1MTE3MjRfLS1fNjUNCuKXhuex
s+OAge+8l+OCq+WbveOBuOOBruODk+OCtueZuue1puOCkuS4gOaZguWBnOatouOAgOi/keOBj+Wk
p+e1semgmOS7pA0KIGh0dHA6Ly9teDQubmlra2VpLmNvbS8/NF8tLV82MTE2MF8tLV8xNTExNzI0
Xy0tXzY2DQril4bjg57jg4bjgqPjgrnnsbPlm73pmLLplbflrpjjg7vnqLLnlLDpmLLooZvnm7jk
vJroq4fjga/vvJLmnIjvvJPml6UNCiBodHRwOi8vbXg0Lm5pa2tlaS5jb20vPzRfLS1fNjExNjBf   85
LS1fMTUxMTcyNF8tLV82Nw0K4peG44K144Km44K45Zu9546LNDblubTjgbbjgormnaXml6Xjgbjj
gIDohLHnn7PmsrnjgafljZTlipvopoHoq4vvvIjmnInmlpnkvJrlk6HpmZDlrprvvIkNCiBodHRw
Oi8vbXg0Lm5pa2tlaS5jb20vPzRfLS1fNjExNjBfLS1fMTUxMTcyNF8tLV82OA0K4peG57Gz44Ki
44OD44OX44Or44CB44Kv44Ki44Or44Kz44Og44KS5Lit5Zu944Gn44KC5o+Q6Ki044CA54m56Kix
5paZ6L+U6YKE5rGC44KB44KLDQogaHR0cDovL214NC5uaWtrZWkuY29tLz80Xy0tXzYxMTYwXy0t   90
XzE1MTE3MjRfLS1fNjkNCuKXhjIwNTDlubTjgb7jgafljp/msrnkvZnlibDntpnntprjgoLjgIDo
i7HvvKLvvLDjgIHjgqjjg43jg6sKCi0tLS0tIE1lc3NhZ2UgdHJ1bmNhdGVkIC0tLS0tCgo=