7/10

水曜日

 

アキハバラ発 〈00年代〉への問い』(2008/09/26)という本を読んでいる

 

はじめに 大澤真幸

 I
真夏の秋葉原を歩いて,
 ここには本質など何もないと気づいた ……………………………… 森 達也
「排除」のベルトコンベアとしての派遣労働 ……………………… 竹信三恵子
孤独ということ――秋葉原事件を親子関係から考える ………………… 芹沢俊介
若者を匿名化する再帰的コミュニケーション ………………………… 斎藤 環
街路への権利を殺人者としてではなく
 民衆として要求しなければならない …………………………… 和田伸一郎
 コラム
 追い詰められた末の怒りはどこへ向かうのか …………………… 雨宮処凛
 K容疑者と生活困窮者の間 ……………………………………… 湯浅 誠

 II
◎インタビュー
「私的に公的であること」から
 言論の場を再構築する …………………………………………… 東 浩紀
存在論的な不安からの逃走 ……………………………………… 土井隆義
 ――不本意な自分といかに向き合うか――
事件を語る現代――解釈と解釈ゲームの交錯から …………………… 佐藤俊樹
無差別の害意とは何か ………………………………………… 中西新太郎
極端現象か,場所の不安なのか …………………………………… 内田隆三
 ――秋葉原殺傷事件の社会学的前提を考える――

 ↑ここまでは読んだ

 

↓ここからが残っている。(岡田利規のは先に読んだ)

 コラム
 劇場型犯罪の果て ………………………………………………… 速水健朗
 主客再逆転の秘義 ………………………………………………… 永井 均

 III
世界の中心で神を呼ぶ――秋葉原事件をめぐって …………………… 大澤真幸
事件を「小さな物語」に封じ込めてはならない ……………………… 吉岡 忍
なぜKは「2ちゃんねる」ではなく
 「Mega-View」に書き込んだのか? ……………………………… 濱野智史
 ――2000年代のネット文化の変遷と臨界点をめぐって――
孤独であることの二つの位相 ……………………………………… 浅野智彦
 コラム
 この20年で私たちが学んだこと …………………………………… 伊藤 剛
 〈この手の事件〉のたび私が思う漠然としたこと ………………… 岡田利規

 IV
◎座談会
〈承認〉を渇望する時代の中で ………… 大澤真幸平野啓一郎本田由紀
 執筆者紹介

 

7/2

火曜日

結構眠たかった、帰ったら寝ようと思っていた 早く帰って寝よう。とか

お昼にマクドナルドに行った 照り焼きフィレオフィッシュを買う

夜、7時ごろに電車で王将まで行った

改札の前を横切るときに人が座り込んでいるのが見えた